社 長 雑 感   人生訓05


「チーズはどこへ消えた」名言集


 2000年に発行された名著『チーズはどこへ消えた?Who Moved My Cheese?』はスペンサージョンソン氏によって著されました。

 二匹のネズミと二人の小人がチーズを求めて右往左往する物語であり、示唆に富んだ寓話であります。

 この本で、私の心をとらえた言葉を紹介します。


   これからはもっと注意しよう。
   変化が起こるのを予想し、変化を求めるのだ。
   いつ変化が起きるか本能的に感じ取り、それに適応する準備をするのだ。

   人が恐れている事態は、実際は想像するほど悪くないのだ。
   自分の心の中につくりあげている恐怖のほうが、現実よりずっとひどいのだ。

   人は考えを変えると、行動が変わるのだ。

   物事を簡潔に捉え、柔軟な態度で、すばやく動くこと。

   問題を複雑にしないこと

   小さな変化に気づくこと
   変化に早く適応すること  (変化を楽しもう)

   最大の障害は自分自身の中にある。
   自分が変わらなければ好転しない。

   常に周囲で起きていることに注意していた。

   どんな選択肢があるのか知っていたほうが、居心地のいい自分の居場所に閉じこもっているより安全だ。




感動の方程式
 「怒り」や「満足」や「感動」などは、どんな時に発生するのでしょうか?
 物事が起こった時、その結果に対する「期待」とその結果をどう感じたかの「実感」とのバランスにより
 次のような感情が発生するのではないでしょうか?

  期待 >>> 実感 = 怒り(悪い評価が激しく広がる)
  期待  >>   実感 = 不満(クレーム無し、以後依頼無し)
  期待   > 実感 = 不満(クレーム有り)
  期待   = 実感 = 満足
  期待   < 実感 = 感謝
  期待  <<   実感 = 感動
  期待 <<< 実感 = 感激


 相手の期待を裏切らないことが、自分の評価を良くすると思います。

 

大師寺の人生七訓

  世の中で一番楽しく立派な事は、 一生を貫く仕事を持つこと

  世の中で一番みじめな事は、   教養のないこと

  世の中で一番淋しい事は、    仕事のないこと

  世の中で一番みにくい事は、   他人の生活をうらやむこと

  世の中で一番尊い事は、     人のために奉仕して決して恩にきせないこと

  世の中で一番美しい事は、    すべてのものに愛情を持つこと

  世の中で一番悲しい事は、    うそをつくこと





『チャンスは貯金できない』

  幸運の女神は、前髪はありますが、後ろ髪はないという話をしたことがあります。
  不満を言ったり、責任を他に転嫁したりする人には、その女神が自分の目の前に来た時しか見えないので捕まえられません。
  反対に自分に原因を見いだし努力をする人は、女神が手前で見えるので、
  やさしく前髪をつかんで自分のところへ引き寄せることが出来るのです。

  チャンスは、貯金は出来ません。
  たくさんありませんが時々現れます。
  ただ、貯金は出来なくても、それにつながる努力は、日々貯えることが出来ます。

  まいた種が、チャンスに形を変えて現れるのです。
  幸運の女神同様、現れた時に捕まえられるかどうかは、日々の行いにかかっていると思います。
  情熱を持って仕事をしましょう。自分の長所を磨き、短所を克服する努力を毎日しよう!



リストへ戻る