会社イメージ
  とぴっくす
  問い合わせ先
  サイトマップ
 
防災対策
防犯対策
介護
 資産(家屋)保全

 節電
 節水
 太陽光
 燃料

 公共工事
 民間新築
 トイレリフォーム
 浴室リフォーム
 キッチンリフォーム
 安全リフォーム
 オール電化

 キッチン
 トイレ
 浴室
 洗面化粧台
 照明環境
 カラーコーディネイト
 高齢化対応
 動線考察

 挨拶
 業態
 プライバシーポリシー
 社員紹介
 社長雑感
 防災対策について・・

 災害は忘れた頃にやってくる。
 地震・カミナリ・火事・台風・洪水・豪雨など・・・

  防げる災害は、自分で防ぎましょう。
  防げない災害は、遭ってしまっても被害を最小限に抑えましょう。(二次災害など)

 備えあれば、憂いなし。転ばぬ先の杖。備えよ常に(ボーイスカウト)



 <住宅用火災警報器>   <スプリンクラー設備>   <避雷器>   <非常照明>

住 宅 用 火 災 警 報 器


 不特定の人が出入りする施設や多くの人が集まる施設、法律で定められている施設には火災報知設備が設置され、万が一火災が発生した場合に火災発生を知らせて早い段階の非難を促します。
しかし、一般の住宅にはそのような設備が無く、火災によって尊い人命が失われています。非難が出来なくなる前に火災を知らせ、対処できるように『住宅用火災警報器』の設置が法律で定められました。

お宅の火災対策は万全ですか?

設置の義務化

 消防法改正により、平成18年6月1日の施行により住宅用火災警報器の設が義務化されました。

設置時期

 新築の場合は設置義務が生じますが、既設住宅への設置は、各市町村の条例により設置義務化の期日が定められています。(平成20年6月1日〜平成23年6月1日)

従って、平成23年5月末日までに住宅用火災警報器を設置しなければなりません。


設置基準
 
 

 設置基準の詳細は、市町村条例によって定められています。

最低限設置しなければならない場所は、@寝室、A寝室に使用する部屋がある階の階段踊り場の天井、B3階以上となる階段踊り場の天井などです。 詳しくは、お近くの消防署にご確認下さい。


種類

 警報器の種類は、感知方式、電源方式、単独・連動型の組み合わせの商品があります。


感知方式
には、

煙式(光電式):警報器内に煙が入ると警報を発します。(寝室や階段に適しています)

熱式(定温式):警報器が一定温度以上(約65℃)になると警報を発します。(台所に適しています)

電源方式には、

 電池式:電池で5年または10年動作し、電池切れの場合は警告を出します。

 AC式:100Vの電気で動作し、電気工事士による工事が必要ですが、ずっと使えます。

単独型は、感知した警報器だけが警報を発しますが、連動型は全ての警報器が警報を発します。

 電池式単独型は、取り付けるだけですので、工事が発生しません。

 早めにご購入いただき、設置してください。

(おまけ)
 ご家庭にも、消火器を置いておきましょう。
 初期消火に威力を発揮します。
ホームセンターなどで簡易の消火器を売っていますので、購入して
 台所と玄関、必要ならば寝室においておきましょう


ス プ リ ン ク ラ ー 設 備


最近、老人ホームや介護支援施設での火災で入居者がなくなる事故が多く発生しました。火災警報は出ているが、逃げられない人がいるということです。 対策として、初期の段階で消火できるスプリンクラー設備に注目が集まりました。

 
 

 スプリンクラー設備とは、建物の各部屋や廊下などの天井に噴出し口(ヘッド)を取付、それらを配管で水を満たしておきます。
そして、火災が発生して時、その熱を感知すると自動的に水を噴射して火災の初期消化をするものです。

  本来は、消化ポンプやタンクなどの設備が必要であり、初期投資が大きいので、消防法で指定された建物だけにしか設置されていませんでした。

 現在は、水道直結型のスプリンクラーも開発され、比較的安価で設置できるようになりました。

 万が一火災が発生した時に素早く非難できない「障害をお持ちの方」「お歳をめした方」がいらっしゃる住居には、 住宅用火災警報器とともに簡易スプリンクラー設備の設置も考えて頂ければと思います。


避 雷 器 (住宅電源用)

 
 カミナリはご存知のように、「大気中を走る電気」です。カミナリ雲が電気をおびてきて大地との電位差が大きくなると耐え切れずに空気の中を電流が流れ(放電)し雷が発生します。

  雷を避けるものとしては、「避雷針」が有名ですね。避雷針は、大きな建物の屋上に建てられ、大地と電気的につながっています。 避雷針がないと雷雲により近い高い建物に雷が落ち、建物を伝って大地に電気が流れますが、避雷針があると雷は避雷針に落ちて導線を伝って大地に流れる為、 建物への被害を少なくする効果があるのです。

 弊社がお勧めするのが、避雷器です。避雷器とは、雷の被害から電気機器を守るものです。 家庭の電気は電力会社の電柱から宅内に引き込まれ、分電盤でそれぞれの設備に供給しています。 この避雷器は分電盤の入り口に取付て電気を見張っています。通常の電圧(100Vや200V)では回路は閉じて何もしませんが、 雷などの異常電圧が侵入してきた時、自動的に大地に流れる回路を開いて、雷を大地に逃がし、住宅内の電気機器への損害を少なくする効果があるものです。

しかし、避雷器も万能ではありません。
雷の強さや落ち方などにより被害が発生することもあります。

 カミナリ被害に対処する為に、避雷器を付け尚且つ保険に入っておきましょう。

(余談)カミナリは、落ちるものと思っていませんか?カミナリ雲から大地に・・・。 でも、大地から雲に向かって登っていくカミナリもあるんです!カミナリ雲に溜まる電気がプラスだったりマイナスだったりと違うのでその時々で「落ち」たり「登っ」たりするそうです。

非 常 照 明 設 備


  「地震」「カミナリ」「火事」等が『夜間』に発生した時、電気の供給が止まると真っ暗になってしまいます。 懐中電灯の備えはあっても、その懐中電灯までたどり着けないのではないでしょうか。

 停電のとき非難や物を探す為に少しの明かりがあれば大変助かります。

 非常照明は、電池を内蔵しており、停電の時に自動的に明かりを点けて非難を容易にしてくれます。  
 寝室や廊下・階段などに設置して、もしもの場合に備えたいものです。

  非常照明には、平常時点灯しないタイプと平常時も点灯して普通の照明器具として使えるものもあります。